2018/10/11

ティク・ナット・ハンの般若心経を英語で歌おう




「般若心経」ティク・ナット・ハン 2014年


〜 The Insight that Brings Us to the Other Shore 〜


       Thich Nhat Hanh


観自在菩薩が、彼岸へと渡るための智慧を深く行じているとき、

突如として、五蘊(ごうん)はどれも等しく空であることを見いだし、
その洞察によって、すべての苦しみを乗り越えた。

「聴きなさい、舎利子よ、

この体そのものは空であり、空そのものはこの体である。
この体は空以外ではなく、空はこの体以外ではない。
感覚、認知、心の形成、意識についても同じである」

「聴きなさい、舎利子よ、

すべての現象には、空が記されている。
その本質は、生じるのでもなく滅するのでもない、
有るのでもなく無いのでも無い、
汚れたのでもなく清らかなのでもない、
増えるのでもなく減るのでもない」

「ゆえに空において、体、感覚、認知、心の形成、意識は、

独立した実体ではない。
現象の十八の領域は、六種の感覚器官と、六種の感覚の対象と、
六種の意識からできているが、これも独立した実体ではない。
相互に依存して生起し消滅する十二のつながりもまた、
独立した実体ではない」

「苦しみと、苦しみの原因も、苦しみの消滅も、解放に至る道も、

智慧と悟りも、独立した実体ではない」

「これがわかった者は、何も得る必要がなくなる」


「彼岸へと渡るための智慧を行じる菩薩たちの心には、

もはや一切の妨げとなるものが見いだせない。
心に妨げがないので、あらゆる恐れを乗り越え、
すべての誤った認知を打ち砕き、
完璧な涅槃を実現することができる」

「過去、現在、未来の三世おあらゆる仏たちも、

彼岸へと渡るための智慧を行じることにより、
完璧な悟りを得ることができる」

「それゆえ舎利子よ、彼岸へと渡るための智慧は、

偉大なる呪文であり、もっとも輝かしい呪文であり、
もっとも崇高な呪文であり、比べようのない呪文であり、
どんな類の苦しみも終わらせる力を持つ、真の智慧である」

「だから、私たちが彼岸へと渡るための智慧を讃える呪文を、

高らかに唱えよう。

ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スワハー!」



(翻訳:馬籠久美子「ティク・ナット・ハンの般若心経」より)


ーーーーーー



般若心経を、ティク・ナット・ハン師が、解説したものです。

The Heart Sutra(ハート・スートラ)」

1988年 最初の解説を出されました。

2014年 誤解を招きやすい所に解釈を加えた。

2018年に、改正版を加えた日本語訳の本を出版。

「ティク・ナット・ハンの般若心経」野草社
元本「The Other Shore」A New Translation of the Heart Sutra with Commentaries


プラムビレッジ・ハートスートラの読経は、
西洋音楽とベトナム音楽のミックスされた、美しいメロディです。

独特の節回しと早い英語で、なかなか覚えられません。

それを練習できる動画を見つけました。


◯ Sangha Songs

The Heart Sutra(The Insight that Brings Us to the Other Shore)

ティクナットハン師・英語の歌・動画 (外部リンク)3つ動画



Part A だけ、ここに置きます。
Part B・Part C は、リンク先へどうぞ。






上の日本語訳を心に留めながら、呼吸と一緒に、唱えてみてください。


・ナビゲーターが、音階が上下する手の仕草でサポートしてくれます。


・簡易的ですが、英語の文字起こし設定ができます。

・Sangha Songs サイトPDFがあります。

 その中で「he」を「she」と記載があります。
 sheでも歌う人も多いそうです。





*本日、2018年10月11日は、

ティクナットハン師、92歳のお誕生日、継続の日です。

あなたのおかげで、私たちは、気づきの種を育むことができます。
ありがとうございます。









2018/05/05

なぜプラムビレッジで伝えるようになったのですか?教育者向け2018



(歩く瞑想・戸山公園)




◯3才の子供の親です。
マインドフルネスの実践は、日常で始められると分かりました。
(僧侶として)プラムビレッジで伝えるようになるまで、一歩踏み込んだ気持ちを聞かせてください。



シスター・ダウンニェム

なぜかというと、私たちはどのような環境が、作り出すかを知っているからです。
気づいた時には、コミュニティの一員になろうとします。
形になることではありません。
例えばカップルは、お互いに関わり合おうとします。
関わり合うことを、思い出す必要があります。
私たちは、朝起きると頭を触ります。
剃った頭に触れて、プラクティスをすることを思い出すことができます。
私たち僧侶でも、困難な時があります。
そのようにして、自分たちで思い出すことで、前に進むことができます。
毎日毎日、お互いに思い出させる必要があります。
そのようにして自分たちの子供たちに、私たちは喜びと幸せの種に、お水をあげることをしています。
小さなグループから始まり、大きなグループに広げることができます。
家庭から始まって、周りに広げることができます。
私たちと根っこは同じ、幸せと喜びを育んでいくことです。
私たちは、お互いを助け合う存在です。



シスター・ランニェム

なぜ出家したかというと、それが一番簡単だったからです。
皆さんが幸せを築いていくことは、難しいかもしれません。
日々の水やりをすることです。可能です。

ここにきた参加者の皆さん、スタッフの皆さんに感謝します。
ここに来るには、色々なことを横に置いておく必要があったと思います。
京都、名古屋など、各地を回って、日本の人たちに取って、
時間が大切だということが、よく分かりました

マインドフルネスをすることは、今日やったことの他にも、色々なやり方があります。
今日帰って、自分はマインドフルネスでいるんだと、思わないでください。
そのことがストレスになります。
特定のことを選んで、やってみてください。


リラックスしてやることです。






ーーーーー

質問者に掲載の許可をいただきました。
ご協力をありがとうございます。



2018,4,30
「教育者のためのマインドフルネス・デイ」
東京、早稲田大学・戸山キャンパス









2018/05/04

別れを嫌がる子供へ別れの悲しみをどう教えたらいいですか?/教育者向け2018


(戸山公園のテッセン)


◯児童養護施設で働いています。
子供たちはネグレクト、放棄された子供たちが多くて、別れを嫌がる。
別れを告げられることを恐れていて、
自分が職場を離れることに、プレッシャーを感じて仕事をしている。
子供に「じゃあねバイバイ」と言ったら
「バイバイは嫌だ、またねにしてね」と言われ、心が裂けそうになった。
毎日、さよならと、いつか言わなければならないのが辛い。
先生の別れの悲しみを、どうしたらいいのか教えてもらえますか?



シスター・ランニェム

人と人との関係によって、変わってくると思います。
私たちは、すべての段階で別れを言うことがある。
まずは、子供の中の恐れと向き合う前に、自分の中の恐れと向き合う必要があります。

別れ、死についても同じです。
私たちは、死は来なければいいと思っています。
死がなければ、生きるということはない。
別れがなければ、出会いもありません。
お別れの中の良い面に、目を向けていく必要があります。
また、苦しみの中に良い面があることに、目を向けていく。

プラムビレッジでは、誕生日に Happy Continuatin(継続おめでとう)と言います。
私たちが生まれる前には、両親、そのまた両親がいるからです。
そして、人が亡くなった時にも、Happy Continuatin  と言います。
亡くなっても、出会った人たちの心の中に、その人がいるからです。
心の中にあるものは、その人の笑顔です。

だから、関係を変えていく必要があります。
ネガティヴなものを、お祝いしていくことができれば、子供たち伝えていけることができます。




ーーーーー

質問者に掲載の許可をいただきました。
ご協力をありがとうございます。



2018,4,30
「教育者のためのマインドフルネス・デイ」
東京、早稲田大学・戸山キャンパス